ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索

10/21(土)午後、工藤明敏医師(診療部長・外科部長)が宇部市で講演しました。

 ピンクリボン月間に合わせ宇部市が主催した『女性のための健康セミナー〜正しく知ろう!乳がん〜』において「さあ、乳がん検診に行こう〜すべての年代の女性のために〜」と題し、当病院の工藤明敏医師(診療部長・外科部長)が講演しました。
 このセミナーは宇部市健康福祉部の谷山次長の挨拶で始まり、医師プロフィールが紹介された後、工藤医師が演壇に立ちました。はじめに、最近の有名芸能人のがん罹患報道に関して、がん治療専門医の立場からコメントを加え、それぞれの経過から学んで欲しいことを訴えました。そして、がんの告知を受けた場合、がん克服のためにどのようなことが勧められるかについてアドバイスをしました。
 乳がん罹患率は高く「女性11人に1人が乳がんになる」と言われている現状であり、乳がん発症リスクの高い人、乳がんの早期発見のための自己検診の仕方、乳がん検診を受けることの大切さについて熱く語りました。続いて、がん治療専門医として、がんと診断されるまでの検査やがんと判明した後の検査、乳がんの各種治療法、科学的根拠に基づいた「標準治療」についての説明がありました。そして最後に、乳がんの転移・再発について、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群などを詳しく説明し、乳がん予防、乳がん検診の大切さを訴えました。
 会場(宇部市多世代ふれあいセンター)には150人もの方が詰めかけ、メモを取りながら真剣な眼差しで聴講されていました。
 なお、本講演に関する記事が山口新聞、宇部日報に掲載されましたのでご紹介致します。



[登録日] 2017年10月24日(火) | 固定リンク