お知らせ
HOME >  お知らせ

すこやかナース交通案内

交通案内

  • JR・・・JR宇部線「阿知須駅」うら徒歩2分
  • バス・・・宇部市営サンデンバスの「阿知須停留所」で下車(施設まで300m)

    阿知須地区コミュニティータクシー 「阿知須共立病院玄関横」で下車

  • 車・・・・JR新山口駅より20分

    山陽自動車道 阿知須ICより5分

※駐車できる車の台数には限りがございます。

できるだけ公共交通機関をご利用していただきますよう、ご協力をお願いいたします。

また、阿知須共立病院横(ニューライフあじす前)の大型駐車場が満車の場合、すこやかナース前の職員用駐車場にも駐車することができますので、そちらをご利用ください。

周辺地図

阿知須共立病院の周辺地図

google map

〒754-1277 山口県山口市阿知須4841番地1

大きな地図で見る

病棟・関連施設紹介

一般病棟(5F)

阿知須共立病院 一般病棟(5F)

ベッド数45床で、外科・整形外科の手術患者様をはじめ、内科・脳外科の患者様が入院される混合病棟です。

救急指定病院ということもあり、24時間体制で入院や手術を受け入れています。

終末期の患者様には、ご家族と一緒に過ごせるよう、個室の配慮もしています。スキンケア・ストーマケアとブレストケアチーム(四つ葉のクローバー)があり、手術前のオリエンテーションから退院後の外科外来受診まで継続した看護を行っています。

地域包括ケア病棟(4F)

45床 地域包括ケア病棟(入院基本料1)

ベッド数45床で、一般病棟(5階)からの入院だけではなく、在宅や施設で過ごされている方の急性増悪(肺炎、脱水など)にも対応し、在宅・施設への復帰を支援しています。急性期を過ぎ、病状が安定した後も治療の継続が必要な方や、在宅・施設復帰に向けてリハビリの必要な方など様々な方々が60日以内の退院を目指して入院されています

療養病棟(3F)

45床 療養病棟(入院基本料1)

ベッド数45床で、長期に亘る療養が必要な方の入院を受け入れています。地域包括ケア病棟と同様、在宅・施設復帰に向けてリハビリ、看護・介護ケアを行いますが、がん患者様やご高齢で終末を迎えられる患者様、さらに認知症の患者様も入院されており、患者様一人ひとりの状態に応じた看護·介護を行っています。

訪問リハビリテーション

阿知須共立病院

今いる場所から、外の世界へ・・・、踏み出してみませんか?

そこには、以前あなたが生活していた“懐かしい世界”が広がっていて、あなたが帰って来るのを待っています。

当院の訪問リハビリテーションは、『利用者さんとその家族を“幸せ”にする』を合言葉に、理学療法士があなたのご自宅へ訪問させて頂きます。

そして、一歩でも以前のライフスタイルに近づいて頂けるよう、専門的な視点から必要な支援を行っています。


訪問看護ステーション

在宅で療養中の皆様が、住みなれたご家庭で安心して暮らしていただけるように、主治医の指示に基づいてご家庭を訪問し、看護サービスを中心とした支援を行っています。

すこやかナースお問い合わせ先

TEL:0836-65-5585(直通)

サービスセンター

サービスセンター

阿知須共立病院

サービスセンターは、当院の患者様、ご利用者様だけでなく地域の皆様との意見交換、情報交換に努めながら以下の業務を行っています。

いただいたご意見

サービスセンターの業務

1.患者様、ご利用者様への様々なサービスの品質管理及び改善

  • 医療・介護サービスに関するご意見、ご相談に応じ、必要な内部調整とサービス改善活動の主導
  • 患者様、ご利用者様の満足度向上の推進
阿知須共立病院 ご意見カード写真

ご意見カード写真

患者満足度調査、ご意見カード、電話、直接聞き取りなどによる、患者様、ご利用者様のご意見、ご要望、ご相談に謙虚に耳を傾け、スピーディーに対応・公開することを心がけています。

2.地域の皆様に健康増進活動で貢献

地域の皆様に当院の医療、予防、福祉に関する情報を提供するためのボランティア講演、介護予防出張講座の案内・受付・調整を行っています。

3.地域の皆様へ様々な病院情報の提供(広報活動)

阿知須共立病院 ご意見カード写真

院内に設置されている「広報活動推進プロジェクトチーム」と連携して、より見やすい、よりわかりやすい、より親切にをモットーに「病院だより(季刊だより)」の定期的な発行や「病院ホームページ」のタイムリーな更新、内容充実を図るだけでなく、あらゆるメディアを通じて積極的に地域に情報発信しています。

 広報誌「病院だより(季刊だより)」

地域連携室

居宅介護支援事業所

阿知須共立病院 居宅介護支援事業所[地域連携室 入口]

病気になると、様々な心配ごと・困りごとが起きてきます。そのような患者様やご家族からの相談に応じられるよう、地域連携室には専門の相談員(医療ソーシャルワーカーと看護師、事務スタッフ)を配置しています。

阿知須共立病院 相談室[相談室]

相談員は患者様に関わる経済的(医療費や生活費などの問題や各種制度利用など)・社会的・心理的な悩みの相談を、面接や電話での対応を通じて解決のお手伝いをさせて頂きます。

また当院関連施設だけでなく、地域の医療・保健・福祉機関とも連携し、社会復帰や在宅医療への準備なども一緒に考え、必要なお手伝いを致します。

お気軽にご相談ください

  • ご相談は無料です。
  • ご相談により知り得た情報は厳守致します。
  • 外来受診相談から入院相談も受け付けております。
  • お一人で悩まずお気軽にご相談ください。
阿知須共立病院

地域連携室へのお問い合わせ

受付時間 月~金曜日 8:30~12:30/13:30~17:30

土曜日   8:30~12:30

※第5土曜日、日曜及び祝日、8月15日・16日、12月30日~1月3日は除く

相談場所 1階 地域連携室
ご利用方法 ご希望の方は下記連絡先にお問い合わせください。

来院された際、受付窓口や外来のスタッフへお声かけ頂ければお伺いします。

また入院中の場合病棟のスタッフにお申し出頂ければ、こちらから病室へお伺いします。

営業時間 TEL:0836-65-2190

FAX:0836-65-2072

医療ソーシャルワーカーまで

居宅介護支援事業所

阿知須共立病院 居宅介護支援事業所

阿知須共立病院

ご利用者の皆様が、住み慣れた家で安心して自立した生活が送れるよう、介護保険サービスなどをより適切に利用していただくために居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。

方 針

  • 可能な限り、自宅で自立した生活が送れるように支援します。
  • ご利用者の意思、人格を尊重し総合的かつ効率的なサービスが提供できるように努めます。

事業内容

阿知須共立病院

居宅サービス計画(ケアプラン)の作成、ご利用者の要介護認定申請代行、関係機関との連絡・調整、ご利用者及びご家族との相談・説明、ご利用者からの苦情対応、など。

対象となる方

  • 第1号被保険者(65歳以上)の方で介護が必要な方。
  • 第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の方で特定疾患により介護が必要な方。

居宅サービス計画(ケアプラン)とは?

どのような介護サービスを利用するかは、ご本人やご家族が選ぶことができます。ご利用者の希望や心身の状態、介護の状況を考慮して介護保険サービスを検討し、要介護度のランクに応じて、認められた金額の範囲内で組み合わせて利用することができます。そのために作成するのが居宅サービス計画(ケアプラン)です。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは?

介護サービスを受ける人からの相談をお受けして、住み慣れたご自宅で安心して暮らしていただくためのお手伝いをします。適切なサービスが受けられるようにサービス事業者や介護保険施設などと連絡調整し、介護サービス計画等を作成します。

居宅介護支援事業所の概要

ご相談、ご不明の点などございましたらご遠慮なくお問い合せ下さい。

事業所の休日や不在時には専用の携帯電話に転送し、管理者及び介護支援専門員による緊急時対応や通常サービス対応など、必要な相談に応じられるよう24時間連絡体制を取っております。

電話番号 0836-65-2523(直通)
FAX番号 0836-65-2585(直通)
事業所番号 3517610261
職  員 介護支援専門員 3名
営 業 日 月曜日~土曜日
営業時間 平日 8:30~17:30

土曜 8:30~12:30

※第5土曜日・日曜・祝日・盆休み(8月15日、16日)・年末年始(12/30~1/3)を除く

外来担当表

一般外来

診療時間

平日

9:00~12:30(受付時間  8:00~12:00)

14:00~17:30(受付時間 13:00~16:30)

9:00~12:30

(受付時間  8:00~12:00)

14:00~17:30

(受付時間 13:00~16:30)

土曜

9:00~12:30(受付時間 8:00~12:00)

9:00~12:30

(受付時間 8:00~12:00)

※休診案内:第5土曜日、夏期休暇、年末年始

※上記時間外・深夜・休日は、当直医がおりますので、急患は受付させていただきます。

※緊急手術等により休診することもございます。

※訪問診療(居宅療養管理指導)も行っております。


内科

(2022年7月1日現在)
時間
午前 三好正規

小室あゆみ

鈴木千衣子

岸 尭之

松原弘子

三好正敬

武山純一郎

末冨 建

鈴木千衣子

沖田 極

武山純一郎

松原弘子

鈴木千衣子

三好正規

佐々木貴宏

三好正敬

鈴木千衣子

(第 1,4 週)

——

三好正敬

(第 2,4 週)

——

糖尿病医師

(第 1,3 週)

——

佐島秀一

(第 2,3 週)

——

呼吸器医師

午後 岸 尭之

小室あゆみ

松原弘子

山岡孝之

末冨 建

山岡孝之

山岡孝之 佐々木貴宏

山岡孝之


脳神経外科

(2022年7月1日現在)
時間
午前 石光 宏 石光 宏 石光 宏 石光 宏 伊妻 浩

(第1,3,5週)

——

桂 建輔

(第2,4週)

石光 宏

(第 1,3 週)

午後 伊妻 浩

(第1,3,5週)

——

桂 建輔

(第2,4週)

外科

(2022年7月1日現在)
時間
午前 千々松日香里 原田俊夫 兼定 弦

(手 術)

千々松日香里 原田 俊夫 千々松日香里

(第 1,3 週)

——

原田俊夫

(第 2,4 週)

午後 (手 術) (手 術)


整形外科

(2022年7月1日現在)
時間
午前 三好智之 三好智之 三好智之 三好智之 岡﨑朋也

三好智之

三好智之

または

村松慶一

午後 (手 術) (手 術)


専門外来

専門外来に関しましては完全予約制ですので、事前にお問い合わせください。

専門外来

(2022年7月1日現在)
時間
午前

午後 認知症

14:00~16:00

睡眠時無呼吸

14:00~16:00

禁煙

13:30~16:00

ストーマ

14:00~16:00

(第1,3のみ)


※訪問診療・看護・リハビリ、介護老人保健施設・福祉施設、短期入所、通所リハビリ等の介護保険のご相談にも応じます。

健診

(2022年7月1日現在)
時間
午前 フォローアップ フォローアップ フォローアップ フォローアップ フォローアップ

午後 脳ドック フォローアップ フォローアップ

脳ドック

フォローアップ

脳ドック

検診について詳しくは「人間ドック案内」をご覧ください。

訪問診療

(2022年7月1日現在)
時間
午前

午後 担当医師 担当医師 担当医師

※訪問診療・看護・リハビリ、介護老人保健施設・福祉施設、短期入所、通所リハビリ等の介護保険のご相談にも応じます。

交通案内

交通案内

  • JR・・・JR宇部線「阿知須駅」うら徒歩2分
  • バス・・・宇部市営サンデンバスの「阿知須停留所」で下車(施設まで300m)

    阿知須地区コミュニティータクシー 「阿知須共立病院玄関横」で下車

  • 車・・・・JR新山口駅より20分

    山陽自動車道 阿知須ICより5分

google map

〒754-1277 山口県山口市阿知須4841番地1

大きな地図で見る

周辺地図

阿知須共立病院の周辺地図

阿知須地域の紹介

山口きらら博記念公園

阿知須共立病院

人工芝のフィールドを持つ多目的ドームをはじめ、サッカー・ラグビー場、スポーツ広場、遊びの空間が広がる太陽の丘・トリムの広場、海浜スポーツが楽しめる月に海などがあります。
水や緑などの豊かな自然環境の中でスポーツを楽しむ人はもちろん、すべての人が「こころ」と「からだ」をリフレッシュできる開放的な空間です。

きらら浜自然観察公園

阿知須共立病院 きらら浜自然観察公園

30haの広大な敷地内に干潟、ヨシ原など野生動植物に適した生態系保全環境が広がり、野鳥をはじめ昆虫、水生生物、植物などが観察できます。ビジターセンターでは備え付けの望遠鏡や双眼鏡でバードウォッチングができます。
干潟やビオトープの中で身近に自然を観察し、ふれあい親しむことのできる公園です。

道の駅きららあじす

阿知須共立病院 きらら浜自然観察公園

地場産の新鮮野菜や阿知須近海で獲れた新鮮な魚介類、手作り焼きたてパン、つきたておもち、阿知須特産のかぼちゃ「くりまさる」を使ったソフトクリームやコロッケなど、その他特産品を販売しています。お土産に喜ばれること間違いなし。

阿知須温泉

阿知須共立病院 阿知須温泉

全国屈指のラジウム含有量を誇る阿知須温泉。無色透明・無味無臭で、リウマチなどの神経系統諸病に効能があります。

日帰り入浴も出来ます。自然に囲まれた、のどかな温泉地でゆったりしませんか。

病院機能評価

病院機能評価

(財)日本医療機能評価機構が定める病院機能評価、4回目の更新審査に一発合格

認定種別 主たる機能:慢性期病院、副機能:一般病院1
審査体制区分 3rdG:Ver.1.0~
認定日 2017年1月21日
病院機能評価認定1
病院機能評価認定2

当院は2016年11月に病院機能評価認定の更新受審し、以下の内容で認定との通知をいただきました。

「主たる機能として慢性期病院、副機能として一般病院1ともに認定、改善要望事項は両機能ともに該当項目なし」というものです。

当院は2002年に第1回目の認定をいただいて以来、医療・看護・ケアはもとより人材育成や経営面など、様々な分野で継続的に品質向上の取組みを行ってまいりましたが、この度第3世代となる病院機能評価において、4回目となる認定をいただきました。

病院機能評価は全国8,227病院中2,045病院(約25%)が受審・認定を受け、山口県内の認定病院は31病院です。

当院は、公的な第3者による公正かつ客観的な機能評価は、ご支援をいただいております患者さんや地域の皆様に対する責務と考えております。この度の認定で、これまでの取組みや現時点での品質はクリアできたものと思います。しかし医療の進化のスピードは速く、患者さん方の意識の変化も大きく、当院理念で掲げております、「安心と信頼の提供」及び「四者満足」のためには、絶えず改善の取組みを行うとともに新しいことにチャレンジして行く必要があると考えております。

これからも患者さんや地域の皆様の「安心と信頼」に、職員一同取組んでまいりますので、引き続きのご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

病院機能評価とは

病院機能評価は、国民が安全で安心な医療が受けられるよう、4つの評価対象領域(1領域「患者中心の医療の推進」 2領域「良質な医療の実践1」 3領域「良質な医療の実践2」 4領域「理念達成に向けた組織運営」)から構成される評価項目を用いて、病院組織全体の運営管理および提供される医療について評価するものです。

(財)日本医療機能評価機構のホームページ

病院機能評価の審査

病院機能評価の審査は書面審査と訪問審査があり、訪問審査は第三者の立場で複数のサーベイヤーが病院を訪問し、多岐にわたる多くの項目について、それぞれの専門的な見地から、中立的、客観的な判断、評価が行われました。

阿知須共立病院の審査結果

認定病院

2022年2月現在の全国の認定病院数は、2,045病院(全病院数:8,227病院)です。

新創業中期経営計画

新創業中期経営計画『ビジョン“令和”』

阿知須共立病院は、2018年11月に創業60周年を迎え、これまで『中期経営計画NEXT50「第1章」、「第2章」、「革新」』のもと、3期9年間に亘り、地域の皆さまの安心支援拠点としてお役に立てるよう、そして、新しい病院を造ることを目標に全職員一丸となって取り組んでまいりました。

当病院は1958年11月に創業以来、地域の皆さまに支えられ60年を超える歴史を刻んでまいりました。支えていただいた地域の皆さまのために、質の高い医療や介護・福祉サービスを永続的に提供し続けることこそ、当病院の責務と胸に刻んでおります。「ビジョン“令和”」は、2019年5月1日に始まった新元号“令和”に因み、意識を刷新し、将来を見据えて発展したいとの想いをシンプルに表現したものです。
“令和”の時代に、私達はどのような姿を目指して地域の皆さまに貢献させていただくのかを当病院の理念に盛り込み、その理念を具現化する道筋を中期的に示すものが中期経営計画と考えております。

このような背景から、2019年4月から、新たな道筋を示す中期経営計画として「新創業中期経営計画『ビジョン“令和”』」をスタートさせました。

計画名称・計画期間・目標

名 称 :新創業中期経営計画『ビジョン“令和”』
計画期間 :2019年4月~2022年3月までの3年計画
目 標 :☆理念の具現化―新しい時代に相応しい法人を創り上げる。

☆働き方改革の実行―「魅力ある職場」を創る。

施策骨子(下記理念の具現化を図る)

1.地域の安心支援拠点

2.健康長寿

3.四者満足

皆さまもご存知の少子高齢化の時代環境、地域医療構想に代表される医療や介護・福祉を取り巻く環境の大きな変化、働き方改革・労働法制の大幅な見直し、そして、社会保障の逼迫状況など、医療や介護・福祉を取り巻く環境は大変厳しいものがあると考えております。このため、新元号を迎えた機に、新しい時代を先見し、新たな気持ちで立ち向かっていくためにキーワードを“令和”としました。

新しい時代に求められる接遇、マナー、病床機能、医療の質等々、一つ一つ着実に努力を積み重ね、そして、皆さまから、「阿知須共立病院は、建物だけでなく、ものすごく変わったね」と仰っていただけるよう、全職員一丸となって取り組んでまいります。

過去の計画

名 称 :中期経営計画「NEXT50“革新”」
計画期間 :2016年4月~2019年3月までの3年計画

ベトナム人特定技能介護人材、1名を受入れました。

医療法人協愛会(理事長:三好 正規)が運営する「老人保健施設ニューライフあじす(所在地:山口市阿知須、施設長:芳原 達也)」では、2022年4月20日より在留資格「特定技能」制度を活用した外国人介護人材1名を採用いたしました。

介護業界では、少子高齢化による人手不足問題、今後さらに高まる介護ニーズに応えていくため介護人材の確保が喫緊の課題となっています。その課題を解決する方法の一つとして、外国人材の活用が進められております。
当法人では将来を見据えた介護人材不足解消のために、2021年1月に技能実習制度を活用しミャンマー連邦共和国から2名の外国人人材を受け入れました。技能実習制度の他に2019年4月1日より、人手不足が深刻な産業分野において在留資格「特定技能」での外国人材の受入れが可能となったため、当法人でもこの制度を活用し、このたびベトナム国籍の1名を雇用することになりました。
今回受入れするベトナムの方は3年前に技能実習生として来日し山口市内の介護施設で介護技術を学ばれました。認知症ケアなど介護技術全般を習得されており、即戦力として大いに期待されています。今後は、施設をあげて介護の実技や日本語の習得をサポートしていく予定です。
今後も将来を見据えた介護人材不足に対応していくため、特定技能制度など優秀な外国人人材の活用を積極的に進めてまいります。

アーカイブ