ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 45 44 43 42 41 40 ... 次→

2/16(金)、Live Symposium「病院経営」(WEB講演会)が開催されました。

今回のWEB講演会は(株)第一三共の主催で、2/16(金)18:00〜19:00に院内で開催されました。国際医療福祉大学大学院の武藤正樹教授の司会で始まり、公益社団法人全日本病院協会副会長の神野正博先生が「2018年度同時改定への急性期病院の対応策」という演題で講演されました。
 WEB講演会には三好病院長をはじめ、各部署長を中心に十数名が参加し、年齢階級別の入院/外来受療率の推移、今回の診療報酬改定の要点(地域医療構想、地域包括ケアを後押しする内容)、人生100年時代と言われる今日までの診療報酬改定率の推移、新たな入院医療の評価体系について学びました。引き続き、各論として、各入院料の概要、労働生産性を上げるためにはタスクシフティングと情報通信技術(ICT)が有益であること、入院時から医師・MSW・看護師・薬剤師等が連携するチーム医療が大切であることを訴えられました。そして最後に、神野先生から今回のダブル改定後のメッセージとして、@ケアミックス化を考えること、A地域統合ケアを考えること、B職員同士、病院と患者、病院と地域(社会)で価値観を共有し、『生活の場を支援する医療・介護』が求められることを訴えられました。



[登録日] 2018年02月20日(火) | 固定リンク

中田整一先生(ノンフィクション作家、元NHKプロデューサー)の講演(第2弾)!!

昨年9月13日、「盗聴 二・二六事件」という演題で中田整一先生が講演されたことはホームページでご紹介しましたが、講演第2弾として、2月14日午前、阿知須郷土史研究会2月度定例会で、「あゝモンテンルパの夜は更けて 気骨の女・渡辺はま子の生涯」と題して中田先生の講演が行われました。当病院からもおお先生(三好正之会長)はじめ数名の職員が参加しました。
 講演は、事務局の河村俊明様の開会挨拶、中田先生のプロフィール紹介に続いて始まりました。
 まず、中田先生は、「今、日本は大きな曲がり角にある。歴史を知ってもらいたい。また、渡辺はま子はただの演歌歌手ではないということを知って欲しい。」と熱く訴えられ、渡辺はま子さんの生い立ち、歌手としての経歴、太平洋戦争当時の中国への従軍慰問などを画像を交えながら解説されました。そして、昭和26年、モンテンルパ(フィリピンマニラ郊外)で14名の戦犯死刑囚の処刑が行われた頃、渡辺はま子さんは「私は戦争に加担した人間、兄は戦争の犠牲者」との思いから、モンテンルパ日本人戦犯死刑囚とその家族の悲惨さを痛烈に感じることとなったそうです。
 講演の後半は、モンテンルパ捕虜収容所の死刑囚との文通をきっかけに、「あゝモンテンルパの夜は更けて」という曲が死刑囚の作詞、渡辺はま子さん作曲で世の大ヒットとなった経緯を、画像、証言、録音を紹介しながら詳しく説明されました。そして、この大ヒット曲が当時のフィリピンのキリノ大統領の心を突き動かし、ついに捕虜収容所の100人を超える死刑囚全員が釈放されることになった歴史的出来事について話されました。
 中田先生の講演は史実に基づき、精緻な調査・裏付があり、先生の鮮明な記憶と参加者に語りかける話術によって、参加者は講演に引き込まれます。2時間を超える講演でしたが、感動と圧倒のうちに時間が過ぎた気がします。先生の講演がまた近いうちに行われますよう心より楽しみにしています。お疲れさまでした、そして、ありがとうございました。
 講演風景を写真リレーでご紹介しますのでぜひご覧ください。





[登録日] 2018年02月16日(金) | 固定リンク

訪問診療のご利用案内

 当病院は在宅療養支援病院として、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーションなどの在宅医療を提供しています。
 訪問診療の対象となるのは、定期的に在宅で医師の診療(月2回が原則)が必要と医師が判断した方、通院困難な方(高齢で歩行が困難な方、家族が忙しくて受診が困難な方)、病気やけがで寝たきりまたはそれに近い方、かかりつけの医師(主治医)が訪問診療を必要と認めた方、退院・退所が迫っているが、在宅生活に不安がある方、自宅で最期を迎えたいと思っている方などです。
 当病院の訪問診療は、秋穂、佐山、宇部(東岐波)の各地区限定で、三好病院長自らが自宅を訪問し診療します。
 詳しくは、当病院ホームページをご覧いただき、ご質問・ご相談がございまいしたらご遠慮なく下記窓口までご連絡ください。皆様のご相談をお待ちしています。

 【訪問診療のお知らせ】
  外来看護師長 三輪陽子
 ☎0836−65−2200
[登録日] 2018年02月08日(木) | 固定リンク

2/1(木)夕方、「平成29年度看護介護研究発表会」開催!!

当病院では、毎年、看護介護研究発表会を開催していますが、2月1日(木)に第11回目となる発表会を開催しました。
 発表会は、井原看護部付師長(教育担当)の開会の挨拶で始まり、6つのテーマについて各病棟、外来看護、糖尿病サポートチーム、関連施設の老健「ニューライフあじす」から発表がありました。発表後に、三好病院長、石光副院長、大谷看護部長から総評があり、「プレゼンテーションスキルの向上、訪問診療に関して近隣のクリニックや医院との協働の大切さ、安心と信頼を提供できる看護、介護の継続」についてコメントがありました。
 この発表会の詳細内容は、4月発行予定の広報誌(2018病院だより春号)でご紹介します。

[登録日] 2018年02月07日(水) | 固定リンク

1/19(金)、「第2回NSTと栄養を勉強する会」が開催されました!!

当病院は、日本静脈経腸学会よりNST稼働施設に認定されており、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフなど多職種で構成されるチームがNST活動を積極的に進めています。
 1/19(金)18:00から約2時間、大塚製薬(株)主催で、長崎リハビリテーション病院栄養管理室室長の西岡心大先生を特別講師としてお招きして「第2回NSTと栄養を勉強する会」が開催されました。


[登録日] 2018年01月23日(火) | 固定リンク

1/1付で『作村俊浩医師』が総合内科部長として着任致しました。

作村俊浩医師のプロフィールをご紹介致します。

【経歴】
  山口大学医学部・大学院卒業後、山口大学医学部附属病院、済生会山口総合病院、岩国市医療センター医師会病院等での勤務を経て当院に常勤医(総合内科部長)として着任。

【専門医資格】
 ・日本腎臓学会専門医、日本内科学会認定医・総合内科専門医
 ・医学博士

【外来担当日】
 火曜日午後、木曜日午後、第1土曜日午前
  ※詳しくは病院ホームページ「外来担当表」をご覧ください。

【その他】
 人工透析(透析センター)、循環器内科も担当します。

[登録日] 2018年01月05日(金) | 固定リンク

公益社団法人「山口被害者支援センター」より感謝状をいただきました。

当病院は、院内の被害者支援自動販売機を通じて寄付をさせていただいていますが、このたび11月25日に山口被害者支援センターより感謝状をいただきました。
[登録日] 2017年12月22日(金) | 固定リンク

12/19(火)、院内勉強会で「口腔ケア」について学びました。

今回は今年最後の院内勉強会でしたが、リハビリテーション技術科の歯科衛生士 中村由美子さんが「口腔ケア」について話ました。まず、適切な口腔ケアが必要な理由をいくつか挙げ、実際に口腔ケアを実施することによる効果について画像を紹介しながら詳しく説明しました。引き続き、高齢者の口腔内、唾液の働き、義歯の役割などについて話し、歯がなくなった場合の顎の骨量、顔貌や舌の変化についての説明や義歯に関する質問の答えを解説し、最後に「口腔ケアは全ての人に必要である」ことを訴えました。

[登録日] 2017年12月19日(火) | 固定リンク

12/14(木)、院内でWeb講演会「医療連携2017」を開催しました。

当病院で今年2回目のLive Symposiumを12月14日(木)18:00〜19:00に開催しました。これは第一三共(株)主催で行われ、「地域医療構想下における急性期病棟と地域包括ケア病棟の行方―病院ビジョンに則った連携室の活動とはー」というテーマで2つの講演がありました。
 時代の流れと共に地域連携のあり方が変化していますが、前方重視の連携から退院調整強化のための後方連携、更に地域包括ケアシステムを目的とした地域医療連携へと変化していることを改めて認識できました。そして、「切れ目のない医療」を提供し、病床コントロールを円滑に運用するために開設された「PFM(Patient Flow Management)システム」の紹介などもあり大変有益な内容でした。
 当病院は、本年9月より、一般病棟、医療療養病棟のほかに地域包括ケア病棟45床で運営していますが、今後も地域の皆様に様々な医療サービスをきめ細かく、そして、切れ目なく提供できるように努めてまいります。
[登録日] 2017年12月16日(土) | 固定リンク

あっぱれ!「第5回きららドーム☆リレーマラソン」で当病院のAKBチームが完走!!

11月26日(日)に開催された「第5回きららドーム☆リレーマラソン」で、当病院から出場した『AKB(阿知須共立病院)チーム』が見事完走しました。
 医師、看護師、事務職など多職種で構成された病院スタッフ10名が42.195qに挑み、見事3時間36分29秒のタイムで完走しました。チームワーク抜群のこのチームは、タスキを次走者に絶対に渡そうと死にもの狂いで走り、メンバーの絆を見せつけました。
 参加されたメンバーの皆さん、来年も完走と好タイムを目指し、コツコツと日々練習に励んでください。大変お疲れさまでした。


[登録日] 2017年12月16日(土) | 固定リンク