ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 51 50 49 48 47 46 ... 次→

10/16(火)、院内勉強会で「糖尿病」について学びました。

恒例の工藤明敏診療部長・外科部長のオープニングスピーチに続いて、糖尿病サポートチームの三原一輝さん(リハビリテーション技術科)が糖尿病の運動療法について講義しました。
 糖尿病にはなぜ運動療法が勧められるのか、運動の効果などについて説明し、勧められる運動の種類として、有酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチ体操があり、それぞれについて運動頻度、運動時間、運動前に確認すべきことについてわかりやすく説明しました。
 最後に、「筋肉は年齢ごとに減っていく」ことを患者さんに理解してもらい、病気や体調、環境に合わせて安全に運動し、継続できる運動を勧めている、と締めくくりました。

[登録日] 2018年10月17日(水) | 固定リンク

10/11(木)、講演会「地域医療連携について考える会」が開催されました。

10月11日(木)18:50〜20:30に講演会「地域医療連携について考える会〜糖尿病性腎症の重症化を予防するための講演会」が田辺三菱製薬(株)、第一三共(株)、阿知須共立病院の共催で開催されました。
 講演会では当院の三好正敬透析センター長が座長を務め、【一般講演「当院における糖尿病サポートチームの取り組み」】、【特別講演「腎臓内科医からみた糖尿病治療」】の2つの講演がありました。一般講演では松原弘子医師(糖尿病指導医・専門医)と三輪陽子外来師長(糖尿病サポートチームリーダー)が講演し、院内外での糖尿病予防啓発活動などについて詳しく説明しました。
 特別講演では、山口県済生会山口総合病院の今井 剛先生(内科部長・腎センター長)をお招きして講演していただきました。今井先生は腎臓病治療において県内外で著名な先生で、今回は、@現在までのCKDの流れ、ADKD(糖尿病性腎臓病)、B腎臓内科からみた糖尿病治療、C今後の腎疾患対策についてお話していただきました。今井先生の分かりやすい講演、そして、先生からエビデンスに基づいた情報、そして、多くの新しい情報を紹介していただき、約40名の参加者はメモを取りながら熱心に聴講しました。
 今井先生、先生の引き付けられる講演にあっという間に1時間が過ぎた感じでした。ありがとうございました、そして、大変お疲れさまでした。





[登録日] 2018年10月12日(金) | 固定リンク

当病院関連施設「白松苑」が装いも新たにグランドオープン!!

先日ご紹介致しました「新白松苑」内覧会の日に、山口新聞、毎日新聞の取材があり、9月22日(土)付の両紙に記事掲載されましたのでご紹介致します。
 併せて、内覧会に先立って行われました「落成式」における三好正規理事長挨拶の骨子を貼付致しますのでご一読ください。

[登録日] 2018年10月02日(火) | 固定リンク

東岐波中学校の生徒さんが当院で体験学習をされました。

9月26日(水)、27日(木)の2日間、東岐波中学校4名の生徒さんが体験学習に来られました。まず、「看護の仕事や看護師になるには」の話から始まり、続いて、いろいろな部署で見学・体験学習をされました。皆さん全員が看護師志望の生徒さんでした。2日間共、入退室時には病室や各部署での一礼、挨拶などをされ、感心しました。また、糖尿病教室では、口腔ケアや歯みがきについてのお話も参考になりましたね。これから合唱祭、クラブにと頑張ってください。この貴重な体験を思い出して白衣を着るために当院を訪れてくださいね。

以下は生徒さんの感想です。皆さん、大変ご苦労さまでした。
[登録日] 2018年10月01日(月) | 固定リンク

YICビジネスアート専門学校1年生が当法人を見学に来られました!

YICビジネスアート専門学校の医療事務学科1年生13人が、当法人の見学実習に来られました。医療事務職に就くことを目標としてこの4月に入学した1年生。約半年が経過したこのタイミングに「座学だけではなく、現場を見て学ばせたい。阿知須共立病院にはYIC卒業生も在籍していることから、先輩たちの姿を見せることと、病院全体の機能(病院において医事課がどのように関わっているのか)を見学させてほしい。「医療」および「医療事務」の仕事と魅力について、お話を伺いたい。」との先生の思いを受け、お引き受けしました。
見学の様子は貼付ファイルをご覧ください。
[登録日] 2018年09月27日(木) | 固定リンク

白松苑が新築移転、9月21日(金)、22日(土)に内覧会開催!!

この度、当病院の関連施設「特別養護老人ホーム【白松苑(はくしょうえん)】」が新築移転し、10月1日のグランドオープンに向けて、2日間、内覧会が開催されました。
 白松苑は社会福祉法人正清会が運営する老人ホームで、1979年(昭和54年)現在地に定員50名で事業を開始、その後、増床を重ね、今回の新築移転では鉄筋コンクリート造の3階建て、延床面積約6,000u、定員100名、短期入所20名として旧病院跡地で新しく生まれ変わりました。
 9月21日、内覧会に先立ち、行政、福祉団体等から約70名をお招きして「落成式式典」が行われました。式典は三好正規正清会理事長の御礼の挨拶で始まり、続いて来賓5名の方の祝辞がありました。中でもノンフィクション作家の中田整一様の祝辞では、三好正之会長の町長時代の実績に触れられ、三好会長の先見性と実行力によって白松苑が事業開始できた、と訴えられました。
 式典に続いて、世界第3位の成績を収められたマジシャンの高重翔様により、鮮やかな手品が披露され、会場を埋め尽くした約80人の方が高重様の見事なテクニックに目を奪われ、驚きと楽しさいっぱいに一時を過ごされました。この内覧会初日だけでも約350人の方が新しい白松苑の各部屋、食堂、浴室、他の設備を見学されました。




[登録日] 2018年09月26日(水) | 固定リンク

9/18(火)、院内勉強会で「スキンテア」について学びました。

 今回の院内勉強会は5F一般病棟の森 正樹看護師(ストーマ委員)が「スキンテアとは」というテーマで講義をしました。まず、スキンテアの定義、スキンテアと褥瘡の違い、どのような時に、また、どのような人にスキンテアが生じやすいかについて学びました。続いて、加齢が原因で皮膚の細胞分裂が低下し、細胞数の減少により皮膚が薄くなることに加えて、皮脂分泌や皮膚内部の水分の低下のため、高齢者の皮膚は外力に弱くなり、スキンテアが起こりやすくなることを学びました。最後に、スキンテアの予防法、基本的なケア方法、スキンテアを診る際の注意事項について学びました。
 参加した多くの職員は、高齢者が増加の一途を辿る昨今、日常的によく見られるスキンテアについて、その原因、予防、ケア方法を学ぶことの大切さを改めて確認し合いました。

[登録日] 2018年09月19日(水) | 固定リンク

男女共同参画フォーラムに当院人材開発グループリーダーがパネリストとして出席します。

平成30年度男女共同参画フォーラム実行委員会、山口県、山口きらめき財団主催で、「男女共同参画フォーラム〜男女(みんな)で育む、ゆめ花咲く未来へ〜」が以下にご案内の日程で開催されます。このフォーラムは、男女が互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなくその個性と能力を十分に発揮できる社会=男女共同参画社会の実現を目指し、男女共同参画を身近なものとして感じていただけるよう、誰もが気軽に参加できる内容となっています。
このフォーラムの第2分科会「ワーク・ライフ・バランスで男女に(ともに)幸せの好循環! 〜多世代が支え合うワークとライフの相乗効果〜 」に、当院の人材開発グループリーダーがパネリストとして参加し、当法人の両立支援の考え方や具体的内容について、紹介させていただきます。
興味・関心をお持ちの方は、是非この機会にご参加をお願いいたします。

開催日時:10月27日(土)10:00〜15:10
開催場所:山口県婦人教育会館(山口市湯田温泉5丁目1−1 カリエンテ山口)

開催内容の詳細は添付のチラシをご覧願います。ご参加希望の場合、参加申し込みが必要です。



[登録日] 2018年09月18日(火) | 固定リンク

10月1日から新しい電子カルテシステムに切り替わります。

当院は2004年に電子カルテシステムを導入後、本年度2回目の更新時期を迎えました。更新に当り「電子カルテシステム導入検討PT」を設置。患者さまの満足度向上や業務の生産性向上等の視点から、複数の電子カルテシステムのプレゼン、デモンストレーション、導入病院の見学等により徹底した比較検討を行い、その結果新しいメーカーの電子カルテシステムの導入を決定いたしました。
現在、10月1日からの新電子カルテシステムの円滑稼働に向け、準備作業は大詰めを迎えています。操作訓練は毎日実施、作業の進捗状況の確認や問題点の把握・解決のための事務局会議や全体会議は毎週開催、問題点があれば直ぐに改善対応するようにしています。そして30名の模擬患者と様々な症例シナリオを想定して、受付〜診察〜精算に至るプロセスがスムーズに流れるか、本番さながらの外来リハーサルを複数回にわたり実施しています。
患者さまにご迷惑をお掛けすることのないよう、準備には万全を期するよう努めておりますが、全く新しいシステムですから、10月1日新電子カルテシステム導入以降しばらくの間、受付・診察・会計に多少の待ち時間の発生と混雑が予想されます。
当院医師・スタッフも一生懸命に準備・努力してまいりますので、何卒ご理解の上ご協力をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。


[登録日] 2018年09月18日(火) | 固定リンク

9/15(土)、「いきいき百歳体操」に当院リハビリスタッフが講師として参加!!

9/15(土)午前10時〜11時30分、山口市高齢福祉課主催の『いきいき百歳体操』が山口市佐山由良自治会館で行われ、当院リハビリスタッフ2名が講師として参加しました。
 この体操は、従来からの高齢者向け介護予防出張講座に加え、今年から新しく始まったもので、「元気なうちから楽しく介護予防〜地域でつくる元気なまち〜」を目的に企画されました。
 初めに、山口市高齢福祉課発行の資料を基に、田中寿枝さん、中空翔太さんの2名のリハビリスタッフが、@介護予防の必要性、A介護予防に効果のあるおすすめの体操(いきいき百歳体操)について詳しく説明しました。
説明の中で、今の社会で問題となっている平均寿命と健康寿命の差(男性:8歳、女性12歳)を縮め、寝たきりにならず、いつまでも元気で自立した生活を送るために「いきいき百歳体操」を実践して欲しいとと訴えました。
 引き続き、全員が椅子に座ったままでDVDを見ながらゆっくりと腕、ひざ、足を動かし、準備運動、筋力運動、整理体操の順序で体を動かしました。この一連の体操は週1〜2回、約30分、継続して行うことが大切だと言われています。
 当日は佐山地区「ひまわり会」のサロンに合わせて約20名の女性の皆さんが参加されましたが、無理をせずにゆっくりと、そして、楽しい雰囲気の中で「いきいき百歳体操」に取り組まれました。





[登録日] 2018年09月18日(火) | 固定リンク